東京 おくたま

おくたま海沢ふれあい 農園

教育方針イメージ

 

東京で唯一、滞在型農園があるのが「おくたま海沢ふれあい農園」です。

東京にありながら自然豊かな「奥多摩町」は、東京都心からのアクセスが良く、日帰り利用も可能です。

奥深い山々に囲まれ、清流も近くにあります。トレッキングや渓流釣りなども楽しめます。

施設は奥多摩町役場、運営には地元衆で組織された「運営委員会」で行っています。田舎付き合いが心配な方も、運営委員会のサポートがあるので安心です。センターハウスには、常駐のスタッフがいますので、細かい対応もしています。

目標イメージ

 


農プラスの魅力

畑を楽しむだけでなく、体験イベント・交流イベントなどたくさんの行事があり、田舎暮らしの幅がぐんぐん広がります。

目標イメージ

 

特に食のイベントに力を入れています。美味しいものが大好きな人には向いています。料理の縁遠い方も、いつの間にか料理好きになっちゃうかも。料理は、地元女性部員が集まった「三ッ釜工房」さんが教えてくれます。女性が元気で明るいのも、おくたま海沢ふれあい農園の特徴です。

目標イメージ

 

おくたま海沢ふれあい農園では、体験用のわさび田を持っています。4月には、わさびの花を摘んで「三杯酢のわさび漬け」。6月は、「わさびの苗植え」の体験ができます。

目標イメージ

 

お祭りが盛んな奥多摩町ですが、海沢地域には二つのお祭りがあります。「海沢の獅子舞」と「神庭のお神楽」です。「海沢の獅子舞」は、ふれあい農園が会場になります。「神庭の獅子舞」では、畑利用者さんで協力して屋台を出します。冬には、お神楽のお面をつくる「お祭りお面づくり講習会」があります。田舎暮らし初心者から上級者まで幅広く対応できるのも、ふれあい農園の魅力です。

目標イメージ

 


基本情報・料金

項目 内容 備考
クラインガルテン区画数 13区画 2007年開設
クラインガルテン年間使用料金 60万円 敷金なし
1区画の面積 約270㎡ 建物面積約27㎡
募集時期 例年 1月中  
運営母体 奥多摩町役場
運営委員会(地元)
 
住所 東京都西多摩郡
奥多摩町海沢497-21
 
電話番号 ふれあい農園事務室0428-85-8685  
事務室営業時間
休館日
8:30~17:15
月曜定休・年末年始休み